美肌力ブログ~紫外線から顔を守りたい人あつまれ

女性ゴルファーは紫外線が気になります!3月初旬の紫外線量・・・日焼けします。

朝は小雨がパラパラでしたが12時を過ぎた頃よりお日様ぽかぽか

ゴルフをする女性にとって気になる紫外線。

image

まだまだこの時期は大丈夫と思っているのは甘いです。

ゴルフは約5時間、日差しを浴び続けます。

長時間ですので弱い紫外線でも確実にメラニンは作られています。

しかし弱いどころではありません。

日差しがあたれば紫外線は思いの外高い数値です。

午前中11時雨も上がり少し日が出てきました。

image

そしてお昼をはさみ12時30頃がこの数値です。

image

LOWですと2000マイクロワットまでしか測れませんでしたのでHIGHにして測りました。

この数値に00をつけます。3110マイクロワットです。

以前書いたのですが、1000から2000で10分以上さらされると日焼けします。

3000から4000でおよそ5分。

日本人は赤くなりその後褐色します。

これは色素細胞が新しいメラニンを作った為です。

赤くなりやすくて黒くなりにくい人はさらに紫外線対策が必要だそうです。

皮膚には紫外線から守る仕組みが備わっています。

メラニン色素は紫外線、可視光線、赤外線を吸収しDNAへのダメージを少なくします。

紫外線にあたるとメラニンはどんどん作ります。皮膚をある意味守ろうとしているのですね。

この過剰なメラニンが作られシミとなるのです。

女性は排卵から月経までの2週間はメラニン色素ができやすいと言われています。

この時期にゴルフをする時は万全な日焼け対策が必要ですね。

なるべく紫外線に当たらないようにしてゴルフをしたいものです。

まず、数値を測るとカートの中、日蔭はグッと紫外線量が減ります。

なるべく紫外線から避難です。

しかし全くないわけではありません。

紫外線は乱反射しますのでどこからでも入ってきます。

日焼け止めをしっかり塗り直しをして、肌の露出を避けることです。

ブログ 日焼け手

日焼け止めも効果はありますがこまめに塗らないと思うような日焼け対策ができません。

写真のように覆ったところは焼けてないですね。これは顔も一緒です。

マスク・ウォーキング

私は紫外線カットのマスクを売っていることもあり、

イメージ写真のように帽子とマスクだけです。

お昼の時にお化粧直しをするだけです。

むき出しと違ってかなり日焼けは防げます。

帽子のつばで正面からの紫外線は60%カットできます。

これにサングラスでほぼ完璧です。

見た目少し怖い?ですが

あくまでもゴルフをする時の日焼け対策です。

しかし下方向が見えずらいので

ボールを取ったりティーを取ったりする時は見にくいです。

少しマスクを下にさげたりしてます。

ボールを打つ時はそういった見えずらい等はありません。

紫外線過敏症の方も安心してゴルフができるとおっしゃていました。

保湿されるのか、法令線が薄くなりました。

しかしこれは全く根拠がありませんのであくまでも個人の主観です。

マスクを付け始め2年目になりますがシミは増えていません。

紫外線にあたらないようにしてメラニンを作らないようにしたいですね。

毎日のちょっとがきれいな肌につながります。

無理のない程度で続けることが大事ですね。

pagetop