美肌力ブログ~紫外線から顔を守りたい人あつまれ

酵素・美肌 簡単ぬかみそ!素敵美肌せいかつ

自分でぬかみそ漬けを作る。

簡単に始められるのでLet´s try!

美容と整腸に。

ぬかの効果 

野菜をぬかに漬けると「酵母」が野菜の持つビタミンを壊すことなくそのまま残し、尚且つ水分や糖質を餌にして栄養素をさらに高くします。

それは「乳酸菌」が加わるからです。

これが美容効果のもとです。

 

乳酸菌と腸内環境

乳酸菌は善玉菌を増やし腸内環境を整えることは知られています。

 

腸は不要なものを体外に排出しながら、大切な体の免疫も作っているのです。

ですから腸内環境を整えることは美容だけではなく

健康を維持するためにも大切です。

免疫力低下⇒老化の進行

         便秘

         肌荒れ

         うつ症状

 

ぬか漬けはいつ食べるのが効果的?

食べるタイミングはが効果的!

1日活動して脂質やタンパク質を摂取。

乳酸菌の効果が減少してくるのが夜なのです。

そういえば、夜にヨーグルトも良いと言われています。なるほど・・・

 

簡単ぬかみそとは・・・

既にジプロックにぬか床が最初から入っていますので

そこに野菜を入れるだけです。

image

最初はしょっぱくなりがちです。

きゅうりを1晩漬けてみました。

塩けがやや多めですがしんなりしていてぬかみそでした。

image

なんと簡単!

 

増やそう乳酸菌!

使い始めのぬかは乳酸菌がいないので、野菜を入れ替え乳酸菌を増やします。

 

どんな野菜を入れたら良い?

定番のきゅうり、なす、人参、大根

他には

旬の野菜春キャベツもぬか漬けに!

¼にカットして塩水につけてしんなりさせてから漬け1枚ずつ外側から食べるそうです。少量ずつ時間をかけて食べられますので便利ですね。

 

おくら・スナップエンドウなど緑の濃い野菜も漬けたいものです。

 

変わりぬか漬けでは、ゆで卵(殻むきする)・チーズ・プチトマトなど。

チーズはキャンディータイプのとプチトマトと合わせるとワインにも合いそうです。

その他、ラディッシュ・長芋(皮を剥いて)

いろいろ楽しめそうです。

 

ぬかのお手入れ方法はこちらを参考にしてみてください。

 

身体の中からも美肌生活。

 

pagetop