美肌力ブログ~紫外線から顔を守りたい人あつまれ

紫外線のUV-A・UV-Bと日焼け止めSPF・PAを知り、しっかり紫外線対策。知らないと怖い!

よく聞くUV-AとUV-B違いがわかりますか?

簡単に覚えておくととても便利です。

 

UV-A・・・光老化  しみ・しわ・たるみ

 

<UVAの特長><br />
・波長が長く、表皮だけでなく肌の奥の真皮まで届く<br />
・雲や窓ガラスを通して肌まで到達する<br />
・赤みや炎症が起きにくいので気がつかないことがある<br />
・日常生活を送る中で「うっかり日やけ」をしやすい

UV-Aを防ぐにはPAと表示されている日焼け止めクリームやファンデーションを使うと上記のような日焼けを防いでくれます。

 

UV-B・・・赤くなる日焼け・しみ・そばかす

<UVBの特長><br />
・波長が短く、表皮に届く<br />
・屋外での日やけのおもな原因<br />
・肌に強く作用し、多量に浴びると赤く炎症を起こす<br />
・海やリゾート地などでの「レジャー日やけ」の原因となる

UV-Bを防ぐにはSPFと表示されている日焼け止めクリームやファンデーションを使うと上記のような日焼けを防いでくれます。

 

5月が紫外線が多いと言われているのはUV-Aなのです。

 

特長は赤くならない・真皮まで届く・ガラスを通す・

焼けていない!と思うのは赤くならないからですね!しっかり日焼けしていて気づいたらシミがある・・・

 

これが本当のうっかり日焼けではないでしょうか。

オゾン層でも吸収しないのがUV-Aなのです。

 

赤くなるだけが日焼けではありません。AとBでは量が強くなる時期も異なります。

特長をよく知り、それに対する対策が必要ですね。

 

紫外線UV-AとUV-Bの違いを知ろう

日焼け止めSPFとPAの意味と選び方

紫外線に関する質問

 

 

pagetop